tall123bq
tall123bq 

fgdsfs

記事数 : 13件 コメント数 : 0件 トラックバック数 : 0件

最終更新日時 : 2013/10/21 15:33

 

 

記事

RSS2.0

 

   先頭 | 前のページ | 次のページ | 最後

表示件数設定 :

「秋太り」しない食べ方のコツ

[ 花 ][ 春 ]

[ 2013/10/08 15:32 ]

うか!」
「(随分な言い草ね。偽物はどっちかというと、貴女じゃない)」kate spade 財布
「えっ?」

 その言葉を聞いて、あまりの意外さにアルフィリースの体から思わず力が抜けたが、その意味を聞き返そうとした刹那。すぐ近くで木の枝をぱきんと何かが踏んだ音がした。アルフィリースは反射的にその方向を見ると、大きな牙をはやした、首の長いニワトリのような生物がこちらを睨んでいた。しかも一体ではない。10、いやもっといる。

「こいつらは」
「(うふふ、絶体絶命のピンチね)」
「笑い事じゃない。この手を離せ!」
「(いいけど貴女、まだ我慢するの?)」
「なんですって?」

 黒い水のアルフィリースが、アルフィリースの頬を愛撫する。

「(もう我慢しなくていいのよ)」
「それはどういう」
「(本能のままに、奴らを殺しなさい。自分の命が危険なら、アルドリュースだって呪印を使っていいって言ったでしょう?)」
「そうだっけ? むぐっ!」

 アルフィリースがだがその言葉を聞き終えないうちに、なんと水のアルフィリースがアルフィリースに口付けをしたのだ。驚いたアルフィリースは抵抗する暇もなかったが、それ以前に、不思議な魔力と魅力に囚われたように身動き一つすることが敵わなかった。
 既に間近には魔獣達が涎を垂らしながら近づいてきており、アルフィリースの匂いを嗅ぎながら、獲物としての品定めをしているところだった。だが水のアルフィリースがただの水に戻り、地面に水たまりを作ると同時に、アルフィリースはゆらりと立ちあがる。そんなアルフィリースを頭から丸かじりにしようと魔獣が口を大きく開けた所、その涎がアルフィリースの髪にかかった。瞬間、アルフィリースから呪印を発動させた時以上の殺気がほとばしる。

「何するのよ、汚いわね。低級な魔獣の分際で、この私に逆らうの? 万死に値するわ」

 アルフィリースの目がぎらりと光る。その目には異様な輝きと熱が浮かんでいた。

沼地へ、その3〜暴虐〜ダミエ 財布


***

「はあ、はあ」
「リサ、まだなの!?」
「もう少しできゃあっ?」

 リサが返事をしようとした瞬間、凄まじい衝撃波がリサの声を遮った。ミランダはなんとか踏ん張ったが、軽いリサは吹き飛ばされそうになるのを、後ろにいた桔梗が咄嗟(とっさ)に支える。

「これは!?」
「魔術ですね。それもかなり上位の」
「まさか呪印を?」

 梓の返答にミランダが青ざめる。こんな短期間で呪印を連発すれば、アルフィリースの体がどうなるかわからない。アルフィリースが前回呪印を発動させた時は、後で聞いた話だと魔術を何発か使った程度だったにも関わらず、3日の間まともに剣が振るえなかったのだ。今回使用した魔術の量は前回の比ではない。心配のあまりミランダは警戒するのも忘れ、転げまわるようにアルフィリースの元へとかけつけたが、そこで彼女が目にしたのは意外な光景だった。

「あら、ミランダじゃない。遅かったわね」
「え」

 ミランダが見た光景、それは無残な姿で地面に横たわる魔獣達。生態系において上位捕食者であるはずの魔獣を、人間であるアルフィリースが一方的に狩る光景。いや、狩りですらない。
 ある物は首を刎ねられ、羽をむしり取られ、生きたまま焼かれ。ある種の鳥が行うといわれる『はやにえ』のように、木の根を槍のように天に向けて変形させた

http://www.kyjmsm.com

記事のURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/6389/100853

トラックバックURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/trackback/100853

コメントを書く

全てのコメントを見る(0)全てのトラックバックを見る(0)

の肉も美味しいかもしれません。せめて有効活用して差し上げます」

「かつてない脅威だ。悪いけど僕も全力で排除させてもらうから」

「ちょ、ちょっと待ちなよ! 三人がかりは絶対無理。大体、今日は戦いに来たんじゃないし! ね? 落ち着いてよ三人とも。ごめん、ふざけ過ぎたよ。真面目に誤解を解かせてよ、お願いだから」

 ルトが両手を挙げて降参を示す。腕時計 ティソ

 どこまで本気か。

 何せ初めて会うタイプだ。真意も測りにくい。さらに言えば今見せている真面目な顔も信用できるものか怪しい。

「お前の狂った性癖についてならば、もう十分に聞かせてもらった。弁明は必要ないとも」

「若様にいかがわしい趣味を教えようなどと、最早誤解は解かなくても構いません。駆除一択です」

「いや、ちょっとしたスキンシップみたいなものだよ。そっちはもう触りだけで今日はお腹一杯だから、もう言わない。冒険者ギルドのマスターの事とか、ちゃんと話したいんだよ異世界人の真君とね」

「……ギルドの事?」

 ああ、ギルドマスターって冗談言った事か。こんな変態がトップにいて組織が成り立つ訳も無いし、嘘だったんだろうけど、まだ何かあるのか。

 一応巴と澪も僕も登録しているし。トアさんとか知り合いも所属している組織の事だもんな。何か話すなら聞いておくか。

「そう、ギルドの事」

「わかった。もうふざけないと言うのなら聞こう」

「若!」

「若様ぁ」

「澪、冷めたままで構わないからお茶を。じゃあ、ルト。話を聞こうか」

 再び三対一で応接室に掛ける。

 ルトも表情を真面目な物へと変えたまま、冒険者ギルドについて語り始めた。
************************************************
ご意見ご感想お待ちしています。腕時計 中古

アルファポリス様のファンタジー大賞に参加中。ご投票頂ける方は黄色のバナーをぽちっとお願いします。ギルドはかくして生まれた

「まず、僕は正真正銘冒険者ギルドのマスターだよ。と言うか、僕がギルドを創設したんだよ。千年位前にね」

「ええっ!?」

「なんと……」

 ルトは真顔で冒険者ギルドの創設について明かす。僕と巴は驚きを口にしたけど、澪は興味が無いのか特に反応は無かった。

「真君と同じ異世界人に概念を教わってね。まあ、多少の意図を含めてだけど僕が女神に提案して責任者になったんだ。彼女はギルドをヒューマンが強くなる為のシステムだと至極単純に考えてくれてね、反対はされなかった」

 多少の意図。何だか気になる言葉だな。それに異世界人。やっぱり、僕と勇者二人があの女神の最初の犠牲者じゃなかったんだなあ。

 千年前って言うと。日本は平安か? 藤原道長とかの時代かな。ん? 何か引っかかる。何だろう?

「当時は僕も精力的にギルドの仕組みを考えていて、概念を教わった異世界人、まあ僕の最初の旦那様なんだけど。彼にも色々と話を聞かせてもらって、楽しみながら制度を組んでいった。そうだね、心境を例えるなら今の巴のような状態かな。とにかく彼の概念を知り、学び、再現するのが楽しくて仕方なかった」

 ああ、納得。例が側にいるからか妙にわかる。

 つまりルトは巴が時代劇にハマってしまったように冒険者ギルド作りに没頭したわけか。それで、世界に広がり、基本的には国家の干渉を受けない、ある意味危険な組織が出来たと。女神の後押しとトップの上位竜の手があればヒューマンの反対も最小限だったんだろうな。何せ女神様だし。

「僕の夫になった異世界人は当時エリュシオンで英雄と称えられた剣士でね、僕はその妻であり相棒。女神にも

http://www.k7yulek77.com

記事のURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/6389/100557

トラックバックURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/trackback/100557

コメントを書く

全てのコメントを見る(0)全てのトラックバックを見る(0)

明日の行動が運命を左右する

[ 花 ][ 春 ]

[ 2013/09/27 15:23 ]

の男が床でビクビクと痙攣をしている。

「てめぇ! なにしやがる!!」バッグ ブランド 人気
「あーん? 酒瓶で頭をカチ割ったんだよ、見てわかんねぇか??」
「そ、そういうことじゃねぇ。シスターがそんなことしていいのかって話だよ!」
「てめえらみたいなゲス共に、アタシのありがたーい説法なんざもったいない。こうやって頭カチ割ってやりゃ、どんなクズでも『主は来ませり』ってな。てめぇらみたいなゲス共にも、等しく天上への道を示してやろうっていうアタシのせめてもの慈悲なんだが、わかんねぇかな?」

 ははん、とシスターが鼻で笑う。男達はアノルンの言い草に、怒るよりも青ざめ始めていた。

「こ、こいつ。とんでもねぇシスターだ!」
「何言ってやがる! てめえらみたいな粗末な×××つけた××野郎にこのアタシの相手がつとまるかっての! そこいらの羽虫の方が、まだアタシが気にするってもんさ。さっさと帰って仲間同士でカマ掘りあって寝やがれ、この×××共!!」

 とてもシスターとは思えない暴言を吐きながら、アノルンは相手に向かって中指を突き出している。もはや完全にアルフィリース達の方が荒くれ者の様相を呈してきた。このシスターは完全に喧嘩慣れしているようであった。

「い、い、言いやがったな。人が気にしてることを!!」

 そっちも気にしてるのか!? などとアルフィリースが考えていると、連中の一人が掴みかかろうと襲いかかってきた。なんとか収まる感じだったのに、絶対このシスターに後で文句を言ってやるんだとアルフィリースはぶつぶつと口の中で唱えながらも、既に体は男への対応を始めている。
 掴みかかる相手に足払いをかけ、バランスを崩した男の首へ組んだ拳を叩き下ろす。そして振りかえるよりも速く相手に向かって机を後ろ脚に蹴りあげると、机をかわした一人がブーツからナイフを抜こうとするところだった。その男がナイフを抜きながら目線をこちらに上げようとする瞬間、男から悲鳴がほとばしった。

「ぐ、ぎゃあぁぁ〜!」

 男が目線を上げる直前、アルフィリースが体重をかけてナイフの柄を上から踏んづけたのだ。ナイフはそのまま男の足を貫き、地面に固定してしまった。

「こ、この女?」

 かなりできるとふんだのか、それぞれに距離をとって獲物を抜いた。周囲の人間もあたふたしており、さすがにシスターもアルフィリースに心配そうな目線を投げるが、当の彼女は落ち着き払っている。レディース バッグ ブランド

「やめた方がいいわ、3人程度じゃ相手にならない。今の内にけが人を連れて帰ることね」
「こっちは剣抜いてんだぞ、そっちは丸腰だろうが!?」
「あら。その丸腰の女に大の男が武器を持って3人がかりなんて、かなり恥ずかしい状況よ?」
「うるせぇ。こんだけやられて今さらひけるか!」

 ふー、と大きくため息をややわざとらしくつき、アルフィリースは言い放つ。

「なら、試してみなさい!」

 瞬間、うおっ、という掛け声とともに一人目が切りかかってきた。ワンステップで後ろに飛びのいて剣をかわしざま、その辺にあった酒瓶を掴んで横面に叩きつける。顔を押さえて転がる男を飛び越えるようにナイフを持った男が襲ってくるが、これに近くにあった椅子を叩きつけて吹き飛ばすと、間髪入れず剣を持った男が上段から斬りおろしてくる。今度はこちらもバランスを崩しているが、体をひねってよけると上から下ろす腕に逆に手を添えるようにして加速をつけてやる。すると剣は止まらず、逆に男の内腿を切り上げた。

「ぐひっ?」
 
 情けない声をあげる男にさらに追いうちをかけるようにみぞおちを蹴り上げると、男は悶

http://www.nvshenylcns.com

記事のURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/6389/99884

トラックバックURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/trackback/99884

コメントを書く

全てのコメントを見る(0)全てのトラックバックを見る(0)

ワクワクなければ…スリム扇風機

[ 花 ][ 春 ]

[ 2013/09/26 11:17 ]

情にまるで変化は無かったので感情と外見は直結しないことは理解しているつもりだった。

まずは状況に身を委ねてみるか。レンブラントはそう思うことにした。iphone4 ケース

(いきなりお腹を大きくした娘が彼と帰郷したら傭兵団でもぶつけてやることにしよう。せめてもの抵抗だと思いたまえライドウ殿)

「旦那様、気持ちは私も同じくするところですが今はまだ幾分か気が早いかと」

ふむ。流石に長年の付き合いだ。考えが良く伝わっている。レンブラントはモリスの言葉に感嘆する。伝わっているのか駄々漏れなだけなのかは不明だ。

「お前が同じ気持ちでいてくれて嬉しいぞ」

彼に任せて失敗だったことなどほとんど無い。実に心強い執事だ。

そう、彼に任せて失敗した事などほとんど無かった。

だからこの時も彼は確認しなかった。油断である。ツィーゲで最有力とも言われる切れ者の商人である筈のレンブラントの滅多に無い油断。

後日。

ロッツガルド学園への提出書類の控えに誤記が見つかった。ライドウ、合掌。
************************************************
ご意見ご感想お待ちしています。二人の旅立ちは豪雨で始まる

二人は異変に気付いた。

その、喪失感を伴う大きな異変は突然訪れた。

真が学園都市に旅立って三日目のことだ。

いきなり真との繋がりが絶たれた。

だが身に異変は無い。契約は継続されている。それでも相当な異常事態に違いは無い。

「なんじゃ!?」

「若様!!」

巴と澪は互いを見合い、その感覚が自分だけのものであるかどうかを確かめる。どうやら、お互いが同じ状況であることを把握する。

ここはツィーゲからはやや離れた細い街道。一路海を目指してのんびりと旅をしている途中であった。まだ出発した当日で街からの距離は然程に離れていない。

港町までの距離を測ると同時に可能なら霧の中継地を作る。道中を歩き、点在する村の情報や地理情報を集め、周辺の地図を正確に作成する。それなりの目的はあるものの、この二人にとっては物見遊山の性格も強い旅である。iphone5 ケース 楽天

ただし、彼女たちとの合流を前提に各方向に放たれた森鬼たちにとっては真剣なミッションである。彼らは道なき道を敢えて進み、周辺の情報をくまなく収集しながら巴と澪に先行して今日の宿泊予定地を目指していた。

「澪、お前も感じたか!?」

「ええ、若様の存在が全く!」

真には実は明らかにしていないが、契約を結んだ相手が今どこにいるか、その大体の位置は実はわかる。巴も澪も、基本真の方から亜空に来る機会を除いては旅路の邪魔をしないように接触はしていないものの、主人の位置は常に大体把握していたりした。

今日中には、学園都市に入るだろう場所にいると識からの直接報告も受けている。この二つの情報で二人は、というか主に澪は何とか真の不在を慰めていたりした。

(巴殿、澪殿、聞こえますか!?ライ、いえ真様が消えてしまわれました!!)

丁度良いタイミングで真に同行した新参の従者である識から念話が届く。巴、澪両名から真への念話は反応が無い。届いてさえいないのがわかった。それだけにこの識からの報告は有難かった。

(消えた?どういうことじゃ。識落ち着け、わかるように詳しく話せ)

(識、識!若様は!?若様は!?)

(ええい、澪。少し黙らんか。今それを聞く。お前が五月蝿いと前に進まん!)

新たに現れた情報源に澪は一番聞きたいことをぶつけてしまう。だが話の様子から向こうもまた冷静ではないと感じた巴は気持ちを抑え込んで澪を窘める。

(識、消えたと言ったな。まずお前は今どこじゃ?

http://www.cnbwu.com

記事のURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/6389/99723

トラックバックURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/trackback/99723

コメントを書く

全てのコメントを見る(0)全てのトラックバックを見る(0)

はじめまして、tall123bqです

[ 2013/09/22 11:39 ]

はじめまして。今日登録した tall123bq です。
みなさまよろしくお願いいたします。
(この記事はシステムによって書き込まれました。)

記事のURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/6389/99352

トラックバックURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/trackback/99352

コメントを書く

全てのコメントを見る(0)全てのトラックバックを見る(0)

   先頭 | 前のページ | 次のページ | 最後

表示件数設定 :