wm5up
wm5up 

hrf

記事数 : 45件 コメント数 : 1件 トラックバック数 : 0件

最終更新日時 : 2013/10/21 14:24

 

 

記事

RSS2.0

 

   先頭 | 前のページ | 次のページ | 最後

表示件数設定 :

イチローが日米4000本安打達成、感想は

[ 花 ][ 春 ]

[ 2013/09/12 14:52 ]

ドカードの機能では商人同士の時にしか使えない。お客様向けで何か無いか。考えてみるか。

ロゴは商品に刻むなり何なりすぐ使えそうだ。デザインというか造作というかさえ出来ればね。

だがそんなことよりも!

一番の問題は店の場所なんだよ!困った問題これだよ!

店を構える、つまりツィーゲに店舗を構えた場合。puma 大阪

我がクズノハ商会は所属がアイオン王国、となるらしい。この時、初めて国の名前を聞いた。アイオンっていうんだな、ここ。で、王政なのか。

そして、国内で店を開く場合はともかく、他国に出店する時には色々と制約がつけられるらしい。

商人が商いをしながらスパイ行為をするのもこの世界では至極当然のことのようで、むしろ他国への出国時や出店時には国の方から「スパイやらないか?」とくることもざらだそうだ。

巴と澪のアホなレベルがあってもまだ僕が無事なのは、他国に出店できる資金力がある商会イコール商人ギルドにおけるランクが一定以上はある、という固定観念がある為みたいだ。

つまり、商人として名前が売れてきてランクが上がってくると、他国に出店する際にはお城に呼ばれると。まあ、こんな感じのようです。

例外的に職種が隊商の場合は結構初期から声をかけられるらしい。常時移動する彼らはそれだけ手広く、いや耳広く情報に触れるからだ。

ア、アホらしすぎる。

なんで商人が他の国に行って商売するのに間諜任務まで兼任せにゃならんのだ。断固断る。商人皆スパイとか冗談じゃないわ。

アイオン王国にいるからって愛国心持ってるとか思ってんじゃねえぞ。現代人なめんな。

だが断ると今後の自国内での営業において不利益が生じたりするのでオススメできないんだって。受付のお姉さん、そこで諦めた顔しないで下さいよ。より自由な商売の為に断固戦ってくださいよ商人ギルドさん。

ふざけるな!

要は話を持ちかけられたらもう断れないってことじゃんか!

特にこのアイオンは情報収集に重きを置いている国家のようで、その傾向が非常に強いらしい。そう、スパイなベクトルが非常に強い厄介な国家らしいのだ。大事なことですから二度言いましたよ皆様。

つまり、目当ての土地が見つかって、そこを抑えておくとして、すぐに店を作ってお茶濁してた部分を申請して、って流れで進めなくなった。

やっと到着して一息ついた国がスパイ行為に熱心、ってこれなんて試練。

一応独自の店舗を構えずに営業をする方法として。puma king

他商会の店舗内で場所を借り、独自の店舗を構えずに営業をする方法。スーパーの敷地内でたこ焼き売るような感じね。

聞いている時点で不可能だが、ギルドには一切の申請をせずにモグリで商売をする方法などがあるらしい。

これらのやり方なら商会への正規申請受理を遅らせたまま営業を行えるとのこと。

ではどこで最初の店舗を開店すれば(店舗登録すれば)どの国でも因縁禍根なく店舗を展開できるのか、と聞けば。

「ライドウ様は本当に、変わったお考えをお持ちですね。どの国でも商売がしたいだなんて。商人ギルドの理念からすればある意味理想的ではありますが。どの国にも属さない、というかどの国にも属している都市がございます。そこで開店すればあるいは可能かもしれません」

考えてみればこの世界に開かれた国際社会なんてないのだから、グローバルな商業展開は相当に無謀なものになるのは当然至極。

どの国にも支店があり、迅速丁寧安価に皆様の病気や怪我に対応できる商会が理想だったんだが。

むむむむむむ。

仲良くしろよ中世ファンタジー世界!

突飛な思考にも対応
http://www.shoessimage.com

記事のURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/5899/98594

トラックバックURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/trackback/98594

コメントを書く

全てのコメントを見る(0)全てのトラックバックを見る(0)

スサノオは苛立っていた

[ 花 ][ 春 ]

[ 2013/09/11 17:04 ]

口論をしているようで楽しげな。
 夕闇の中、真の友人二人の会話は続いた。
 真の意思、パソコンは丁重に破棄して欲しい。
 それは叶わなかったようだ。
 救いは、物理的にハードディスクを持ち去り、念の為にストレージは全て綺麗にした、意外と理系な月読のフォロー。
 彼は思わぬ所でも真を助けていたのだった。

puma スニーカー 新作

************************************************
次は、神様か勇者サイドのこぼれ話とかを考えています。
ここまで多くのextraを書ける程、沢山の方に見て頂ける話になって嬉しい限りです。

とりあえず、これで現状に追いつきましたので少し休憩ですが。

それではご意見ご感想お待ちしています。お気に入り19000件突破記念、extra22です。
********************************************
extra22 その頃……④

 スサノオは苛立っていた。
 当然だ。
 格下の世界にわざわざ訪れて、そこの女神に正式に会う約束を取り付けたというのに、のらりくらりとかわされているからだ。
 同行している二柱の神がいなければもう暴れだしていたかもしれない。
 ほかならぬ兄神、月読の頼みだから礼節を辛うじて守っている状態である。

「少しは落ち着いたらどうじゃ、ほれ、お主も一局付き合わんか?」

「大黒の、あんたはムカつかねえのか? あんな小娘が、なんで俺たちをこうも待たせるのかってな」

「やらかした事を必死に親から隠そうとする子ども、そう思って待つほかあるまいよ」

 どこから出したのか碁盤の前に座って黒石を弄ぶ翁。
 大黒天。
 力ある神だ。
 その昔の荒ぶりようは、今の彼からは想像もつかないがスサノオよりも酷い。

「アテナ、お前はどう思ってんだよ」

「待たせれば待たせるだけ酷い目に遭うというのに、馬鹿な子だなと思います」

「お、おお」

 冗談など微塵も感じさせない真面目な口調で。見惚れるような美しい姿勢で椅子に腰掛けた若い女性が顔だけスサノオの方に向けて応じる。
 アテナ。
 武装した状態で描かれる事が多い彼女は当然軍神としての性格を持っている。
 流石に大黒天、スサノオと比べればその神格と実力は下であるものの、軍神である彼女が口にする酷い目、という言葉には本気しか伺えず、話を振ったスサノオも不覚にも冷や汗を流した。
 その逸話には残酷なものが少なからず含まれるだけに整った顔に浮かぶ笑みは恐ろしい。

「お待ち下さい、お待ち下さい、ってまあ機械みたいに繰り返し繰り返し召使い共が。爺さんみたいに碁なんぞ打つ気もせんし、怒りだけが溜まっていくぜ」

「ほっほ……まだまだ若いのう……」

「では、波長が合う者を探してみては如何ですか? スサノオ殿」

 アテナがスサノオに提案する。puma 靴

「波長? ああ、そいつの目を通じてあの女神の世界を眺めるって事か? なるほど、アテナ、お前それで暇を潰してたのか」

 静かに座って特に何をするでもなく時を過ごすアテナのしていた事をスサノオが指摘する。

「ええ。私も退屈はあまり好きではありませんから。ちょうど、良く波長の合う者を見つけましたので、その者から世界と、|件(くだん)の少年を見ております」

「っ!? なにい!? それって|深澄真(みすみまこと)か!?」

「はい。運良く彼の近くにいる者と良く馴染みましたので、彼女の視界から真少年を観察して楽しんでいます。驚きました、あの子の世界を見ていたらまさか真少年を見る事まで出来るとは。最初は文化をあまり感じない場所だったのでハズレかとも思いましたが」

「なんて運が良い奴なんだ。日頃の行いが
http://www.shoessillustrat.com

記事のURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/5899/98509

トラックバックURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/trackback/98509

コメントを書く

全てのコメントを見る(0)全てのトラックバックを見る(0)

た。

「わかっている、迷ってなどいない。全部、わかっている。俺を誰だと思っているんだ……」

 一際大きくなった声が部屋に響く。
 祭りの夜の喧騒も何一つここには届かない。
 俯いた男の声は夜通し止む事は無かった。
 tumi 激安
 
 
************************************************
あけましておめでとうございます。今年の投稿を始めますね。
旧年中は拙作を応援して頂き、本当にありがとうございます。
本年も宜しくお付き合い頂けますと幸いです。

ご意見ご感想お待ちしています。ライドウならその展開は可能性薄です

「すまん、ライドウ殿。力が及ばなかった」

[気になさらないでください]

 生徒の健闘を労った後、商会に戻った僕を待っていたのはレンブラントさんの謝罪だった。
 どうやら、商人ギルドからの呼び出しは僕絡みの事で、結果は芳しくなかったようだ。

「どうやら商会としての活躍以上に、君は注目されている。恐らく国レベルで」

[国ですか。あまり妨害をされるような覚えは無いのですが]

 関心は持たれている国はあると思う。でも目に見えて妨害を仕掛けられる覚えは無いんだけど。

「関心を持たれているだけで、十分なのだよ」

 だがレンブラントさんは僕の心を読んだように話し始める。
 どういう意味だろう?

「どこどこの国がクズノハ商会に、またはライドウ殿に、関心を持っているから知りたいと思う。すると、当然調べる。国のそうした動きはね、それなりに早い段階で我々商人にも伝わってくる」

 うん、そこまでは何となくわかる。懇意にしている、国の用を聞く商人がいれば情報収集の一環で話を聞いたりもするだろう。アイオン王国の様に、商人その人が諜報活動を担う事もあるようだし。

「ここまではまだ良い。だが問題はここからでね。情報を得た商人は、そこに自身の意向を時に反映させるんだよ。例えばね、私はリミア王国の政務に携わる方と懇意にしているのだが実はリミア王国はライドウという商人の事を気にしているようだ。ところであの商会はこういう不審な点があるようだがギルドで調べて対処してもらえないか。そんな風に話したとする」

[その例えだと、リミア王国が僕の店に不審を感じているから商人に調べさせているという事ですね]

 僕の見解にレンブラント氏は笑みを浮かべる。tumi 楽天

「違うよライドウ殿。この場合、リミアは君に興味を持って情報を得たいだけだ」

[しかし]

「後半は商人の個人的な意向だよ。君を良く思わない、ね。こうした事は意外と横行しているものだ。国に使われるだけじゃなく、彼らの要件を自分の利益に利用する。まあ、私もやっているからあまり他人の事は言えた立場でもないが」

 ……。ええと、嘘は言ってないけど、誤解を正す気も無いって事か。うわ、汚い。

「商人ギルドとしても特定の国から危険視されている可能性のある商会を野放しには出来ない。多くの声が集まれば、特にね」

[クズノハ商会はそれだけ多くの国に関心を持たれ、かつこの街の商会仲間にはよく思われてもいないと]

「全てでは無いだろうが、そういう連中も少なくないだろうね。つい最近も神殿から何か言われたと聞いた。それも神殿からの直接かどうかは怪しい所だ。神殿とて商会から献金を受けているから彼らの声を無碍には出来ない。そちらについては、私は意図的に距離を置いているから疎いが。ツィーゲはあの通り、神への信仰という点では少し問題がある街なのでね」

[同業者とは上手く共存していきたいのですが、難しいですね]

「利益を奪い合う関係でもあるから、近い
http://www.bagsradar.com

記事のURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/5899/98370

トラックバックURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/trackback/98370

コメントを書く

全てのコメントを見る(0)全てのトラックバックを見る(0)

渡辺謙はVIP待遇、あえて船で

[ 花 ][ 春 ]

[ 2013/09/09 17:36 ]



 自分が座ってから、固まっている相手にも着席を勧める。

(お二方とも、白い蝙蝠の羽か。一番身分の高い人が来たんだなあ)

 少し間違えた理解のまま翼人を観察する真。翼人は鳥類の羽と蝙蝠の羽の他に翼の色にも違いがある。白と黒。つまり四種類の翼が存在する。一番上位にいるのが白い蝙蝠の羽、次が白い鳥の羽、そして黒の蝙蝠と鳥の羽に続く。男性 財布 ブランド

「……はじめまして。この度は素晴らしい土地への移住を勧めて下さりありがとうございます。翼人の長を勤めますカクンと申します。こちらは私の補佐でショナ」

「はじめまして真様。お見知りおき下さいませ」

 言葉の後、真と向かい合うように着席する翼人。男性と女性。長と名乗ったのが男性、自分では名乗らずに挨拶したのが女性だった。

 エマがややキツい表情で真の隣に最後に着席する。

「亜空に移住を望まれていると報告を受けています。それを前提に幾つか質問をさせてもらいますがよろしいですか?」

「勿論です」

「良かった。そちらからの質問は後でお聞きしますので。ではまず……」

 真は翼人との面談を始めた。横にいるエマが後で態度を注意しようと決心している事には全く気付かずに。

「我らの事はよく理解して下さったようだが、あの方が本当にこの土地の王なのか? 随分と砕けた様子だが……」

「ええ、ですが話が上手く進みすぎているように思えてなりません。後日、戦闘能力を確かめるとエマさんから聞いていますからそれまでは油断せず、ここの視察をすべきかと」
財布 人気
「わかっているよ、ショナ。だが、我が種族に力を目的として近付いてきたのかと思えば審査されているのは種族としての態度のように見えて全く不思議でならん。真様が合格と言った後にエマ殿が戦闘能力のテストがと付け足した時、真様は確かにそんなもの必要ないのにと言った。これだけの土地に住んでいいと言う割に提示された条件は明らかに釣り合わんし……。これで何の裏も無いなら俺はとんでもない空回りをしていることになるな」

「実際、破格ですもの。誰とも奪い合わずにこれだけの場所に住めるなんて。私が見たところ、真様は悪意を持ってこの話に臨んでいる雰囲気は無いけど、そうやって疑うのも貴方の大事な仕事だと思うわよ。さ、外に出て色々案内してもらいましょ」

 部屋を出てエマが用意したと教えてくれた案内役だと言うオークを待つ翼人の族長とその補佐は、真との面談の感想を漏らす。

 面談の結果は合格。それはもう拍子抜けする程に簡単に。

 どれだけの条件を出されて何を求められているのか、思いつく限りの質問をぶつけてみても返答は彼らの予想を良い方に裏切るものが多かった。何より驚いたのは、独立性をかなり認めてくれる所だった。翼人としては、今回の好条件での移住の対価にそれなりの覚悟をしていた。例えば、先住の種族への上納のようなものであったり、民の八割程度の労働力としての提供(彼らのコミュニティでの年代で考えると老人と子供を除くほぼ全て)、さらに誰もが避けたがるきつく厳しい労働の分担など。隷従の一歩手前までの扱いを移住先の環境によっては受け入れる心算でいた。そして実際亜空という場所は彼らにとってそれだけの魅力がある土地に見えた。衣食住の全てを満たされ、その上でこれまでに手に入らなかった様々な物品を対等な交易で入手できる。さらに希望者に学習の機会を与えられ、兵士には高レベルな訓練を約束してくれる。
 エマから概要を聞いた段階で話の一割も実現すればと疑っていた事が、真によって完全に肯定された。カクンとショナが
http://www.bagsindoors.com

記事のURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/5899/98271

トラックバックURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/trackback/98271

コメントを書く

全てのコメントを見る(0)全てのトラックバックを見る(0)


現実の人々の叫びは、決して顔に涙が、私が故意に荒涼とした闇を過ごす、彼らは明らかに飛んでいると信じている。歩いて道路上の愛は、情熱が手にしたが、色あせたが、おなじみのゆっくり強く、本当のその奇妙な感覚の後。世界で最も残酷なものは、愛する人に会ったことがないていませんが、出会いがなく、最終的に逃し、愛していないから、世界で最も悲しいことではなく、あなたを愛していない愛する人が、彼はあなたを愛しているあなた。私たちは愛を持って、悲しいことを考える。多くの時間は、私の心ははっきりとそのように考えていませんが、自分自身を制御し、反対の言葉を言うことはできません。我々はあまりにも自尊心と呼ばれるものに取りつかれている、または私達は二枚舌に慣れてください。いくつかの左が残って、徐々に、人生はその人がなくなってされていないかのように、全く別のになるんでしょうが、登場したことがありません。これは、我々が望むものであり、それは我々が我々は時間に直面して、我々は同じですが、なかったことを忘れないように重要ではなかったことを、認めることが必要である。開始前に愛ではありません、あなたが想像することはありません人を愛したいと思い、恋に終了前に、あなたは愛のようなものが消えません想像することはありません、あなたが忘れられないように想像することはありません、前に恋に忘れられる愛は唯一のかすかな痕跡を残してされます。恋に再び開始される前に、あなたは愛のようなものを見つけ、再び想像することはありません。ただ、私は何も私は彼の頭を突っ込んで、実際にはすべてが悲観的である、と私はオウムガイの殻の隠蔽のように寝るとき、出てこない私は再びあなたの腕の中に人生を結び付けることができるように嬉http://www.bagsimportant.comしく限り、変更されていないと思ったとき世界に見て、私は生きていたときに海が達成できない山になっている、と私は化石の崖の上に死んだ一人だった。開始する前に、理解が会話ですが、理解すると述べた。その後、理解は外観であり、それが明確に参照してください。最後に、理解が信念であり、心の平和を考えた。物事の多くは、私が望んでいないのか、あなたが行うことができます。物事の多くは、私が望んでいないのか、あなたが得ることができる。多くの人々は、私が滞在していなかった、保持することができるようになります。いつかあなたは私の人生から消え、残すことを理解している必要があります。仲直りしますか?和解することはできません、どのように行う!あなたは、太陽のように、指のように美しく、暖かいですが、私はキャッチしません。いいえ闘争、ない闘争は、私は非常によくない人です。後、私は間違っていたことを発見するまでは、私の人生の永遠になると考えるのはナイーブだった。約束は風に消えた後、あなたの顔の記憶、と私は輪郭を描いていないように見えることはありませんが、消えても跡を残しません。私はこのページタイムレコードは、あなたの周りに回した瞬間から、私は読んでする強さを持っていないことを知っている。あなたの世界は、私はただ幸せを渡している。
、コミットメントは、私は長い時間を待っていたが、それを達成することができません。長い時間のための私の心の隠蔽では、それが表示されませんでした、何かがある。
ウォーカーは、常に静かになりたかった、自分のを守ってで最も深い赤で、初期にはもやしと喜びホールド。遠くより孤独な遠い遠い何に加えて、遠い幸せは誤解されることを好む、いかに痛い......何度もあり、説明したくない。アイデアはちょうどあなたとの間で、それを信じるかどうか。私を理解し、理由を説明。の一部が破棄されるように廃棄されたのいくつかをピックアップしてピックアップ。ためだけなのでスタートの終わりの終わりが始まるという。いつか、誰かが、あなたと他の人が結果を持っていない理由を理解するように、あなたの人生に来る。なぜ私は、沈黙に突然の友人の大規模なグループで午前、それは忘れて遅くに暖かい黄色の光を得ていた見て、なぜ群衆の中に、私が話すことを忘れて狂った、葉が木から落ちる見て、悲しいと同様の背中を見るために、元の方向は......急に疲れた感じ、それをすべてを与えたい、私の心は静かにしましょう。今、私は追いかけて好きではない、ただ静かに一人で男のように、遊び心のあるいたずら好きではない...
ていないため心痛の、悲しいではありませんでしたので、フラストレーションのために不足している悲しい、という理由だけで悲しい音楽、いくつかの悲しい言葉、悲しい絵ではないだけで、悲しかった。
長年にわたり、この季節に、覚えています。慎重にゆっくりと幸福の約束を節約、節約、散在する心11を拾いました。あなたは私たちが大会を見てきた、覚えていますか?さて、私はあなたに私のHaijiaotianya 、別の祝福で幸せをお祈りしております。それはあなたを見ることができなかったので、読むことのためにそこに、 、悲しい状況、あなたがあるないので、空の心は、そこにあなたのための愛はありません。愛は豪華なごちそうのようですが、頻繁に服を着せ、結果は常に親権フルカップオオカミです。次の饗宴の到着が、それでも、また服を着て......私はあなたに幸福を与えたいが、あなたの世界に行かないで、私はあなたの世界へのチケットと引き換えに世界に私のゲートウェイを使用したいが、それはちょうど私の希望的観測だった。私の世界は、あなたが気にしない、あなたの世界は、私が追放された......私は本当に私は忘れたが、涙を流すことができることを考えて、あなたの目を閉じて、あなたが好きですが、自分自身を欺くしませんでした。まだ外フローティングもっと雪に覆われた遊び場で見のように、不安消え雪になって、あなたが、行進壊れた雪の音に耳を傾け、そして今日だけ荒涼雪がまだ下がり思うだけ自分の心を聞くこと声はまだ震え。すべての良い男は、静かな時間があります。その期間は、寂しさと孤独に耐える多くの労力を支払うことになり、将来の話をするときも、自分の人生に触れることができ、 、文句を言わない文句を言わない。世界で最もQijue距離が二人の愛、 、お互いを知って、非常に遠く離れて、彼らは出会ったある日突然なっているですが、距離が非常に近くなる。そしてある日、もはや愛で、二人が非常に近く行われていない、でも、遠くまで以上に、非常に遠くなった。あなたが知らない、あなたが私のステルスリストです、あなたが知らない、あなたが私のステルスができるようになりましたです、あなたが知らない、あなたは私が安心して点灯しているアバターを感じさせる、あなたが知らない、あなたが率先して、私はチャットに嬉しいセント、あなたが知らない、あなたは私が笑いを笑わせる、あなたは私の一日、あなたの情報を知らない......もっと単独でより楽観倍増加し、より多くの、より不安になりました。私たちの忙しい一日、それらの "大きな"夢を覚えている子。どのくらいの期間、 、だけでも、単純な太陽を停止していない。誰が、誰が、今では技術的に高度であるが、より多くの空、と述べた。コンピュータを開いて、何もしない、それは、孤独な心がいっぱいにしたことはありませんが、価格に寝ることに消極的であって育ってきた。歌詞先行詞を一致するため、一部の曲は、耳を傾けるように負担することはできません。いくつかの単語を避ける、フレーズがあるため古いものを呼び起こす。それは過去を再遭遇は避けられないため、一部の道路は、行きたくない。経験ではなく、完全な飛行、南北面が、その後口の中で、最後に沈黙。深い、脱力音声の物語の本当の心の中に、雲を見守っ独り今、晴れた瞬間に戻って、過去は行われません。容認できない愛はない悲しみが、時間を必要としない - いつか忘れるため。ひどく傷つける心は同情が、理解を必要としません。誰もがコーナーを持って、自分自身出て行け、他人のブレークで行かない、私はそこで最も深い秘密を入れて、あなたは私を知らない、私はあなたを責めないでください。
、私たちの最後のために運命づけ働く、人々を一緒に愛していないでしょう。運命は、彼らが会うせなぜ一部の人々が、一緒に方法が運命されていない場合、私はちょうど知りません。移動する人々が口の中を移動するいくつかの単語、 。心を動かしたの人々に耳を傾ける。私はいつも人を待っているので、彼は私がやったことが間違って許した後、私にインチ生涯を罰する多くの場合、我々だけで、少し時間が時間にどのくらいの頻度では不可能である、すべての過去を知っている。涙が、あなたの目で、ときに感情を表現する唯一の方法は、あなたの口の失恋を説明できない場合です。あなたは、常に色をたくさん与えられているが、私はあなたを見て隅に隠れていつ、甘い笑顔は、私が会った。あなたは寒さであれば、私は私の腕の中であなたを置く、あなたは私を愛していれば、私の世界放送へ、 、あなたが泣いている場合、私はあなたのために涙を拭いて、あなたは私を残す場合、私は沈黙の中で苦しむでしょう。すべての人が任意にすべてのものを変更することに同意することで、時間は本当に嫌なものですが、それはしません。

記事のURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/5899/98053

トラックバックURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/trackback/98053

コメントを書く

全てのコメントを見る(0)全てのトラックバックを見る(0)

   先頭 | 前のページ | 次のページ | 最後

表示件数設定 :