jy76xier
jy76xier 

mtgh

記事数 : 45件 コメント数 : 0件 トラックバック数 : 0件

最終更新日時 : 2013/10/21 15:53

 

 

記事

RSS2.0

 

   先頭 | 前のページ | 次のページ | 最後

表示件数設定 :

2020五輪開催地はどこになると思う

[ 花 ][ 春 ]

[ 2013/09/12 13:02 ]

れ〜」

何やら澪を見習ったのか呻いている連中の懐を探り出した巴を諌める意味も込めて僕は早足にその場を去った。

ったく、それやったらただの追い剥ぎでしょうよ!
************************************************
戦闘シーンとか難しいんだって。

ご意見ご感想お待ちしてます。返信が遅れることはありますが、お返事は書かせていただきます。改めましてギルド登録

「はい、それではこれで商会名クズノハ商会で登録は完了致しました。代表はライドウ様、構成職員として巴様と澪様を登録いたしました。尚、記載情報の変更などは速やかにライドウ様がギルドにて申し出てください。臨時雇いなどの人員増強の際には申告は必要ありませんが正職員として増員がなされる場合には申告が必要となります。その他申告が必要なことや免許品等につきましてはこちらの冊子を熟読下さい」安全靴 ピューマ

表面を青く加工された金属製のギルドカードを発行された僕は従者二人と共に自らの商会を立ち上げることに成功したのだった。

渡された冊子は薄いが文字がびっしりと書き綴られている。紙貴重だからってここは解り易さを優先してもらいたい所だ。

ギルドに商会の特徴と方向を聞かれたときには、まだ定めておりませんので正式に活動を始めるときに改めて挨拶に伺います、とお茶を濁しておいた。

薬品は扱おうと決めてるけど、他は曖昧だったので。

何でもギルドとして商会を紹介(駄洒落じゃないよ?)する際にタグとして情報があると助かるのだそうだ。まあ、もっともだ。

また、レンブラントさんにでも会いに行って相談に乗ってもらおうかね。

昼食はごくごく軽く済ませ、拠点にする宿を探して奔走しているトアさん一行に連絡をつけて冒険者ギルドへ。

ランカーぶちのめしたことで何か一悶着あるかと内心ビクビクだったが特に問題は無かった。

レンブラントさんは冒険者(だと思う)の呪病の術者を殺しただろうに依頼の取下げとかは無かった。現に僕が依頼を受けた。

ギルドって情報網凄そうだから知られてない訳は無いと思うんだけど。

線引きがわからないというのも不安を掻き立てる。読んでもいなかった冒険者の手引きっぽい冊子も目を通しておくかぁ。

ライム君は、見るからに小悪党な雰囲気で、僕など彼を平均的チンピラと評したのに、ギルドに泣き付いたり仲間や手下に有ること無いこと吹き込んだり面倒な事はしなかったようだった。

特に様子がおかしい事も無く、無事に受付のカウンターまで来れた。

ギルドに既に届けられていた破格(モノを考えると破格というほどではなかったようだけど)の報酬を受け取ると、僕以外の皆さんわくわくどきどきのメインイベント。

報酬の受け渡しの段階でちょっと注目を集めた事なんてすぐに過去の事になりそうな気が致します。

巴と澪の冒険者登録であります。puma スニーカー 通販

ちょっと巴がニヤリとしたのが気になったけど。いや正直に言うよ。凄く気にかかった。

先に僕のレベルについて確認してもらったけどやっぱりレベル1のままだった。もうこれは女神の呪いかもしれない。

澪を制するように巴のやつは先に登録したがり、まあどちらからでも良かったので巴からやらせる。

比較的人が少ないのが救いだけど、数日もすればすっかり有名人なんだろうなあ。

いきなり1600までを測れる紙を要求し、職員のド肝を抜き。周囲はざわめく。当然の反応だよね〜。

「巴様、レベル、1340です」

「なにいいいいいいいい!!??」

僕は叫んだね。叫ぶ予定なかったけど叫んだね。

何で上がってるんだよ?ついでに何でそれに不満顔で驚いてん
http://www.shoessignore.com

記事のURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/5898/98592

トラックバックURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/trackback/98592

コメントを書く

全てのコメントを見る(0)全てのトラックバックを見る(0)

後悔はない

[ 花 ][ 春 ]

[ 2013/09/11 17:02 ]

。はぁ、そうなんですか?」

「それで、古賀君。真のパソコンは、直せそうなの?」

「う、うん。実際に見てみないと俺にもわからないけど、接触とかじゃないかと思うから時間があれば大丈夫だと思う」

「本当ですか、古賀先輩!」安全靴 ピューマ

「センパイ、センパイ、コガセンパイ……。ICレコーダを持ってこなかった俺、死ね……」

「古賀先輩?」

「へぇ、凄いんだ。ちょっと見直した。可愛い後輩の為、私からもお願いね」

「わ、私からもお願いします。パソコン直してあげて下さい」

「皆さん……ありがとうございます」

「じ、じゃあ。れ、連絡先を教えてくれる? 都合が良い日を教えてくれたら一度見に行くから」

「あ、だったら。もしお時間があれば今日これから見に来てくれませんか? 時間も時間ですから、お昼は家で食べていってください」

「!?!?!?!?」

 思わぬ、いや生涯初めての申し出に古賀の思考が停止する。

「となると、あれもそろそろ止めましょうか。天野君もいた方がきっと良いのよね?」

「いや、あいつは別にいなくても良い。むしろ来るな」

 黒い本音が臓腑から染み出る。
 本能が吐いた言葉かもしれない。

「え?」

「いや、何でも」

「熱もピークは過ぎたでしょうし、あのままにしておくのも中高の恥、柳瀬さんは私達が連れて帰るから天野君と真理ちゃんの事お願いね。古賀君」

「ん、な、なに?」

 す、と近づいてきたゆかりに体を強ばらせる古賀。

「上手く直ったらお礼はするから。でも、真理ちゃんにおかしな事をしたら……別のお礼をするからね」

 ゆかりからぼそりと一言付け加えられ、その温度の低い声に古賀は震えた。
 天野と晴子の争いを止めると、帰るゆかり達と真理の家へと向かう古賀達に別れて、それぞれアーケードを立ち去っていった。

夕刻。
 深澄家からの帰り道。
 二人の男子、天野と古賀が夢心地で歩いていた。
 無事に、かはともかく真のパソコンを修理して歓待を受け、このまま留まったら溶けると確信する素晴らしいひと時を味わった後である。
 姉の雪子も二親も揃った深澄家は彼らにとって理想郷だった。
 余談だが、天野は人妻に加えて年上のお姉さんにも目覚めた。
 一応父親である隼人から怨嗟と殺意の目をいくらか浴びているのだが、浮かれきった二人はソレに気づかずひたすら良い心地でいた。

「すげえ。深澄家、すげえ」

「真理タン。来年から、真理タンと同じ高校生活……」

 駄目である。puma スニーカー 通販
 まったくもって二人とも、駄目である。
 一際強く、息がつまるような冷たい風が二人を打つまで、彼らはそんな感じだった。
 
「はぁ……。にしても、夢みたいな一日だった」

「ああ。でも、ちょっと気になったな」

「真のパソコンだろ?」

「接触問題かと思ったけど、HDD自体が無くなってた。そんな事ってあるのか」

「もう少し、真の事調べてみるか?」

「手伝ってくれるか? お|義兄(にい)さんの無事は確認しておかないとな」

「っ!?」

「それに、ダイエットもしないとな。ピザデブは卒業だ」

「……お前、まだ夢見てんだなあ。俺も雪子さんに彼氏さえいなかったらなあ。奥さんが未亡人でも全然良いんだけど」

「……お前の方が外道だ。夢見てんじゃねえ」

「SSDあげてきちゃったお前ほどじゃねえよ。良いのか320GB」

「後悔はない」

「本当か、|RAID0(レイドゼロ)」

「……してない、断じてしてない。とりま明日からランニング付き合え」

「明日からとか早速折れてんじゃねえか」

http://www.shoessignore.com

記事のURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/5898/98508

トラックバックURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/trackback/98508

コメントを書く

全てのコメントを見る(0)全てのトラックバックを見る(0)

肉体へのダメージは無くても衝撃は伝わるから奴は後方に吹っ飛んで尻餅を突いた。
 追いついてその頭に上段斬りを放つも、イルムガンドの剣による防御が間に合って頭への攻撃の線が遮られてしまう。このままだと木刀は真っ二つだ。
 上半身を引いて剣の軌道を手前にずらし、奴の剣との打ち合わせを防ぐ。
 大剣を通り過ぎ、その下まで木刀を振った所で剣を止めてそこから上段斬りを刺突に変化させた。
 顔面を狙った突きは綺麗に決まり、イルムガンドの頭が後方に大きくのけぞる。tumi 26114
 そのまま石畳に後頭部を打ち付けて止まる。
 だが俺は構わず、まだ伸ばしきっていない腕を前に出して突きを完成させる。
 イルムガンドの頭が頭一つ分のめり込んだかと思うと、石畳が低く鈍い音を立てて割れ、場内に音が響いた。
 俺の物でも無い木刀をそのまま煙立ち石畳が割れる奴の所に投げ捨てて審判の傍まで下がる。

「審判、ドールは三つとも割れたようですが」

 やりすぎた。
 ちらっと見えただけだったが、ドールを全部壊した挙句、あいつの額も軽く割ってしまったようだ。
 流血するのがわかった。
 ま、治らないような怪我じゃない。
 あれで団体戦を欠場するなら場外戦で決着でもなんでもつけてやるさ。
 だけど、出てくるよな? 
 これだけコケにされたんだ。
 団体戦でも姑息な手を考えて復讐する気だよな?
 イルムガンド=ホープレイズに恥をかかせて圧倒して勝つ。
 かつあまり負傷はさせない。
 最低限の目標は達成出来たと思う。
 識さんと先生からの所感がもらえると嬉しいんだけどなあ。
 優勝者として自分の名が呼ばれる中、俺はそんな事を考えながら舞台を後にした。


 本年の覇者はシフか。tumi 26108
 舞台全部を深い沼状にされたら今のジンにはどうしようも無いわなあ。
 その上シフは一方的に表面に浮いてサーフィンみたいにすいすい動くんだからさあ。
 デムレイとか言う爆発するビームを斬り払って見せた時は思わず唸ったけど、ジンの見せ場もそこ位だった。
 僕としては何の参考にもならなかったけど。
 だってあんな直感とセンスの塊みたいな芸当、真似出来る訳が無い。
 精々がアベリアの見せてくれた術の軌跡を変える位が現実的な目標と思われる。
 巴と澪は面白いと言っていた。
 あの二人は多分、ジンがやってみせたような事が現実的な技術に見えているんだろう。
 その前の一戦でシフが使ったフレアピラーのアレンジ。
 あれは今回は出番がなかったようだ。接近しなければあまり使いどころも無いんだろう。
 密かに僕がパワーゲイザーと名付けた術。
 彼女が初めて放った瞬間、思わず小声で「ぱ、ぱわーげいざー……」って呟いてしまった思い出深い術でもある。
 接近に対処する術と言うよりも接近して叩き込む技、いや術だよな。
 魔術である以上、発動地点をずらしたり時限式にしたりすれば色々使い道はあると思うんだけど、幸いな事にシフはまだそこまで考えていないようだ。
 あの火力に地形干渉、さらに地雷まで備えたら要塞だよまったく。
 今回も、パワーゲイザーかよ、えっぐいなあ、と呟いた所。
 お供の二人が耳聡く聞きつけて、術の様子を思いだし、

『……ぱわー、げいざー』

 と何やら目をキラキラさせたのが微妙に嫌な予感をさせた。
 お前らが使うような術じゃないと思うぞ。

 暗い部屋。
 寝台に腰掛け貧乏ゆすりを続ける男がぶつぶつと呟いている。
 数刻前に男の元に何やら報告をしに来た者がいたが、用を済ませるとそそくさと部屋から出て行っ
http://www.bagsracket.com

記事のURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/5898/98368

トラックバックURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/trackback/98368

コメントを書く

全てのコメントを見る(0)全てのトラックバックを見る(0)

糖尿病で保険

[ 花 ][ 春 ]

[ 2013/09/09 17:26 ]

の報告を取りまとめて真や従者に報告を行う有能な秘書でもあるエマは、人手不足を理解しながらも移住を求める一件一件の事案をその都度主人である真に報告する事に申し訳無さを感じていた。これまでに一度も成立していなかった事も理由の一つだろう。一言謝った上で、真に時間が出来た時に最終面談をしてもらおうと彼女は考えていた。

 真に時間が出来た時。つまり今日だった。学園都市での活動が、夏休み(エマには良くわからない言葉だったが)の為に穏やかなものになり彼は亜空にいる事も多くなったのだ。しかも何かの練習なのか一日中いる事もある。好機だった。エマは真に移住を求める種族がいる事を伝え、面談の時間を作ってもらった。従者である巴、澪、識については既に黙認以上の返答をもらっている件ばかりである。後は真が頷きさえすれば移住する事になる。合わせて三件。

 しばらく報告を控えた割に三件とはそれほど多くない。だが亜空に移住する事への魅力が無いのではない。実は話をもちかけた段階で興味を持たれる事自体は非常に多いのだが、殆どが途中で破談になるのだった。tommy hilfiger サンダル

 亜空は意図的に冒険者を迷い込ませている。これは真が発案して巴も了承した事だが、これの所為で荒野の入り口からしばらくの間に住まう種族の多くが移住候補から外れる。
 ヒューマンとの戦闘が多い為か、これらの場所に住まう魔獣や亜人、それに獣人はヒューマンへの敵意が非常に強い。故に亜空に冒険者がいる事を考えると例えそれが隔離した場所であっても、彼らに強い敵意を抱くのは移住に適当な種族であるとはエマには思えなかった。問題の芽は生えないに越した事は無いのだから。
 初期の頃は彼らにも話を持ちかけたりしたが、全て破談に終わっている。

 荒野の奥の方は探索に向かう人手は必要になる反面で、ヒューマンへの敵意は薄れていく傾向が強い。そこまで到達するヒューマンは強いが少なく、その上住まう種族にも強者による略奪の論理を受け入れている場合が多々有る為だ。
 よって勧誘の話自体、大体がこの辺りの種族から始まる。森鬼は非常に稀有な場合と言えるだろう。もっとも、彼らは歴戦のミスティオリザードでも青ざめる酷な修練を強要されている上に完全な移住でもない現状だが。トミーヒルフィガー tommy hilfiger 財布

 この段階から真の従者である巴達による選考も並行して始まる。通常調査されるのは食生活を含めた種族としての在り方、社交性の有無、特殊能力など。従者による選考は澪が一番ざるで直感、巴はキワモノをよく選び、識は能力中心に無難に選考する。つまり澪に何となく許容され、ある程度ピーキーな面を有しながらも、満遍ない能力を最低限保有していると彼らの選考に通るのだ。滅茶苦茶に厳しい。
 その後に移住の話をその種族に持ちかける。

 三名の目に適っても先方が断る事もあるから中々最終面談まで進まない。これが亜空の人手不足な現状を招いている。誰でもいい訳では無いのは調査に関わった誰もがわかっている。多少は尊敬出来る面をもった種族でなければ上手くやっていけるかどうか。移住後の問題が出ないとは限らない。

 今回エマの手元にある三件は彼女の経験からするとそれなりに期待できる優良株に見える。多少の問題も見られるが、もしかしたら三件ともに移住となるかもしれない。彼女自身が調査に加わってはいないので各種族については書面でしか知りようが無かったが、情報からはそう読み取れた。

 移住成立ともなればまた忙しくなるが、それはエマにとって嬉しい忙しさだ。仲間が増えるのだから。それぞれの種族で子も生まれ、多少の変化はある亜空だったがやはり移住によ
http://www.bagsindustry.com

記事のURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/5898/98266

トラックバックURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/trackback/98266

コメントを書く

全てのコメントを見る(0)全てのトラックバックを見る(0)

ことがある、ただかつて

[ 花 ][ 春 ]

[ 2013/09/07 11:41 ]




あなたのに対してあれらは好きで、依然として心の中で銘記して、あなたの心配を心配して、あなたの心配事を心配して、黙々として、あなたのニュースを気にかけて、どっちつかずな感じ、長年の頑固な軽やかな憂いと悲しみのようで、振るの行くこと。
 もしかすると、すべてただ多情で、ストーリの中のあちら、とっくに物は非人で、あなたの記憶、ほこりに埋もれていことがある、再び演繹して、すでに私の影を収容(容赦)できませんでした。
 少年は知っていないで味を心配して、非別離の情の相許を、たとhttp://www.bagsimpose.com
え今のところ一面に味わいますとしても、またなぜ振り返ることができて、年月の易逝。
 歩いたことがあるよく知っている景色、目下、憶起、あの口もとはほほえんで、注意するのなようです、青年のいくらかを描き出して、山同盟がことがあるを消えて、海は筆をおくことを誓います。
 曾欣然の相許、あなカバン 通販
たと見捨てないで、ゆっくりと喜んで、あなたをどのようにしてか強情で、立ち去ったのはそんなに徹底的で、口をつぐんで話さないで、甘い夢に落ちたくなくて、予定してから。あなたで1度のゲームを越えないで、分からないで、一生に負けた様子は惜しんで、そのため、軌道は分離して、再び出会いにくいです。
 星を見渡していくつ載せて、妄メンズ バッグ想に恋して、うららかな春の光がふと消えることが分かりません。…ことがある、ただかつて。

記事のURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/5898/98051

トラックバックURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/trackback/98051

コメントを書く

全てのコメントを見る(0)全てのトラックバックを見る(0)

   先頭 | 前のページ | 次のページ | 最後

表示件数設定 :