n9zvrxd
n9zvrxd 

hdrgfsd

記事数 : 25件 コメント数 : 0件 トラックバック数 : 0件

最終更新日時 : 2013/10/26 14:29

 

 

記事

RSS2.0

 

   先頭 | 前のページ | 次のページ | 最後

表示件数設定 :

ブラジルW杯、現地で観戦の予定は

[ 花 ][ 春 ]

[ 2013/09/12 12:57 ]

いる、か。

「なぁそこの黒い姐さん、悪いがちいと黙ってみていちゃくれねえか?あんたに手は出さねえと約束するが?」

僕らの無言に男は言葉を続ける。その口ぶりにまだ焦りや狼狽は無い。すると、澪の戦いをどっかで見たか聞いたかしただけの前情報しかないか?

僕は気取られないように澪に提案に乗るように意思を伝える。隣に巴も居て、尚且つ僕からの頼みということで彼女は不満な表情をすることもなく察してくれた。

「……|無料(タダ)で、かしら?」ナイキ

「話がわかる。いや金貨10枚でどうだい?」

「いいわ、今回は見てないことにしますわ」

「澪、貴様!」

巴が怒りを露わに澪に掴みかかろうとする。勿論演技だけど。何せさっきから彼女の楽しげな感情がこちらにだだ漏れなのです。

ひらりと巴の腕を空振りさせ、澪は僕らから距離をとって第三者の態度をとった。

「悪いねえ、金はすぐに渡そうか?」

「後で結構ですわ。それより、やられないようにして下さいませ。取りはぐれは御免ですもの」

「違いねえ。良い性格した姐さんだ。悪いなお前ら、これも世の中ってもんよ」

男は一頻り笑うと僕ら二人に向き直った。それなりの高レベルなのか余裕がまだ消えない。

雑魚であることは確定してるけどな。本当に強者なら巴と澪を見て何かは感じるはずだし。強さを感じ取る野生や直感は持ち合わせていないらしい。

「……」

「貴様ら風情、儂だけで十分よ!」

沈黙を守る僕と、意気揚々と言い放つ巴。

それを合図にかぞろぞろ団体さんもお見えになった。遠間から構える連中もいた。魔術師か弓使いか。この混戦になりそうな状況でどう立ち回る気か楽しみだな。

「レンブラントなんぞに関わらなければ、死なずに済んだのによ!やれっ!」

フルボッコ確定。

構図は袋叩きだけど形勢が有利すぎるせいか思い思いの凶器を持ち出す皆さんを見ても正直怖くない。全開で防御すれば剣が折れそうな防御力のおかげもある。

だが巴が動かない。いなしたり流したりするだけで攻勢に出る雰囲気が無い。

「おい、巴。さっさと働きなさいよ!」

「しかし、若。やはり合図がありませんと」

僕らの中で唯一ソレとわかる武器をもってるくせに抜きもせず意味不明なことを口走る僕の下僕。

合図とはなんぞや?

口に出していうのは興が削がれるのか、巴は念話でしかもひそひそと僕に意思を伝えてくる。

曰く。

ほら、若、あれです。こらしめてやりなさいというヤツです。やはり初めの開戦の狼煙はアレでないといけません。儂、心待ちですぞ?

危うく、相手の攻撃を避けそこないました。

出来るだけオーバーに実力を悟られないように回避しながらだったのに不意に細かく一発よけちゃいましたよ。

「と、巴さん」
nike スニーカー 通販
「はいっ!」

「懲らしめてやりなさい……」

「はいっ!!!」

テンション下がるわ〜。恥ずかしいわ〜。懲らしめてやりなさい!とか言える日がいずれは来ちゃうのかね、この分だと。

「ぶぎゃっ!」

返事と同時に巴は脇から短剣で刺突しにきた盗人風の男に裏拳を一撃。十分に手加減が出来ていたらしく気持ちよく吹っ飛んでいった。

全力なら頭パーン!ってなってただろう。上手いぞ、巴。

殴って蹴って投げ飛ばして近づいてくる奴は自分にだろうと僕にだろうとお構いなしに迎撃していく巴。

やれやれ、ノリにノッてるな。格さんとか言ってるだけあって本当に無手でやってるし。

ん。僕も流石に何もしないわけにはいかないか。巴からは多少距離が開いた所で片手剣を正面に構えた女性が僕を見据えている。
http://www.shoessrestion.com

記事のURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/5897/98575

トラックバックURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/trackback/98575

コメントを書く

全てのコメントを見る(0)全てのトラックバックを見る(0)

晴子が何かを握り、二人に渡す

[ 花 ][ 春 ]

[ 2013/09/11 16:52 ]

聞いた事がある、から」

 咄嗟に真に聞いたと嘘を言った天野。
 どうやって情報を手に入れたか。
 あまり褒められた方法ではないし、言える事でも無かったから天野はそこに触れたくなかった。

「そ、そうだよ。ナンパじゃない」
ピューマ サンバ
「だったら何で真理ちゃんがこんなに困ってる訳? ただ声を掛けただけで困る訳ないじゃない?」

 ゆかりは二人と真理の間に入って腕を組んで仁王立ち。
 更に二人の後ろを抑えるように、温深と晴子が立った。

「こ、この辺りは、パーツショップが集まってる。だからパソコンに詳しいんでもなければ、来ない所なんだ。特に女の子は」

「困ってる、みたいだったから、こ、声を掛けただけだよ。友達の妹が困ってるなら助けたいって、思うだろ?」

 囲まれた形の状況に焦りながら、天野、古賀は釈明する。
 別によからぬ事を考えた訳では無いのだから。
 下心が無いとまでは言わないが、本心からの言葉だった。
 しかしゆかりを始め、三人の表情は天野と古賀を疑ったままだ。

「あ、先輩方! すみません、違うんです、実は……」

 二人の男子を救う言葉はそれまで黙っていた真理から出てきた。
 良くない雰囲気になりそうな状況で、真理は年上の人達の誤解を解くべく説明をした。
 高校入学に際して持ち主のいなくなった兄のパソコンを使わせてもらえる事になった事。
 けれどいざスイッチを入れても反応しない事。
 パーツの名前やメーカーなど、とにかくメモをしてショップに話を聞きに来たが、素人の真理の説明では店員も判断がつかず、右往左往していた事。
 諦めかけて外に出てきた所で天野と古賀に会って話を聞いてもらっていた事。
 同じ高校の同学年と後輩の表情から険しさが取れていくのを見て、一応無害なパソコン好き二人は胸をなでおろした。

「悪かったわ、ごめんなさい。遠目には強引なナンパに困ってるようにしか見えなかったから」

「すみません。知っている|娘(こ)が困っているみたいだったので、つい……」

 ゆかりと温深が大人しく頭を下げて謝る。

「べ、別に良いよ。わかってくれれば」

「き、気にしてないから」

 女性と話す事自体が不慣れな為か、二人は弱腰で普段見られないドモった話し方だったが、謝罪を受け入れる。

「なんだ。誤解かぁ。じゃ、これお詫びの印」

 晴子が何かを握り、二人に渡す。

「……○ロル?」

「……チロ○だ」

「違うわよ。チ○ルアソートバレンタイン仕様よ。ホワイトデーのお返しは倍返し位で良いからね。期待しないで待ってるから」

「な、なんて言い草だ」

「ありがと」

 素直に受け取った古賀に対して天野は違う反応だった。puma 野球

「天野は素直じゃないなあ、嬉しい癖に」

「先輩、をつけろパパラッチ!」

「チョコもらっといてそれ!?」

「押し付けでもらっても嬉しくないわぁ!!」

「はっはー。義理チョコも友チョコも無い分際で偉そうな。私がその程度知らないと思ってるの?」

「はっはー。お前のでっちあげ記事にはウイルス位しかお返しも来ないだろうからチョコのバラマキか?」

「……」

「……」

「あ、あのウイルスあんたの仕業ーーー!? さいってーー!」

「もらってるわ。俺だってチョコの一個や二個もらってるわーー!!」

 天野と晴子は何やら妙にヒートアップして激論、いや口汚い罵り合いに突入していった。

「あ、あの」

「真理ちゃん。これは放っておけばいいわ。多分、何か悲しい過去とか自業自得とか色々なものを抱えてるから好きにやらせておきましょう」

「東先輩
http://www.shoessignorant.com

記事のURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/5897/98507

トラックバックURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/trackback/98507

コメントを書く

全てのコメントを見る(0)全てのトラックバックを見る(0)

五輪発表のNHK視聴率、10.3%

[ 花 ][ 春 ]

[ 2013/09/10 16:00 ]

な視界だろう。
 右手に持った杖を左手を受けにして横向きにポンポンと、まるで講師が生徒に説明する時の仕草みたいに余裕たっぷりの様子で。
 両者の距離が一メートル程に縮まった時。シフがその杖を相手に向けた。
 さっさと降伏宣言すればいいものを、男は何か喚いているだけで降伏はしてないようだった。
 あんなのでも一応は先輩だと言うのだから笑える。時計 男性
 男の顎先を杖の先端にある珠がくいと持ち上げる。
 そして男を見下ろしてから審判を見るシフ。
 まだ判定しないの、とでも言いたげだった。
 勝敗はまだついていないと判断する理由はどこにも無い。
 明らかにシフの勝ちなのだから、それを宣言してやればいいのに。
 これ以上やっても、とどめの魔術で相手の心に傷が出来るだけだ。
 嘆息したシフが目を細めた。
 短く口から漏れる詠唱。
 馬鹿な奴だ。
 復学後のシフを見ていて彼女がとどめをさせない優しいお嬢様にでもなったと勘違いしていたのか。
 それともまだ何か起死回生の手段があったのかはわからないが、どちらにしても愚かだ。
 男の目が大きく見開かれる。
 そしてその口が、恐らく降伏を告げようと開かれるはずの一瞬。
 珠に収束した赤い光が男の目前の床に静かに放たれた。
 あれか、と思った。
 当たり。
 男の目の前で熱と炎が一気に炸裂し、その赤光が陽の光で十分に明るい会場をさらに一つ明るくした。
 え、えぐい。
 ドールが一瞬で三つ弾け飛んで男の聞くに耐えない悲鳴が響き渡った。
 規模から見て加減はしている。
 でもドールを全部ぶっ壊す、か。
 手加減って面では魔術は明らかに剣術その他に劣るよな。
 あの魔術もそうだ。
 シフがツヴァイさんの接近に対処する為に編み出したフレアピラー、火柱を作る術のアレンジ。
 発動地点を地面から少し下に設定して、かつ一瞬の溜めを作り継続時間を削る事で爆発力を増加、相手の足元から斜め上方に噴き上がる炎の塊を発生させる。
 あんなもの、目の前でやられるとか拷問と何が違うのかと思う。
 やっぱり、あの女の本性は変わっていないのではと思った瞬間だ。
 先生も感じる所があったのか、何やらぼそぼそと呟いていた。
 継続時間はごく短く、男の悲鳴が消える前にその炎は消え去っている。
 埋まった男の頭を頂点にして、舞台の石畳が放射状に術の影響を残して効果範囲を示唆していた。
 実際は離れるほどに威力はかなり弱まるんだがインパクトは十分。
 客席は大歓声に包まれている。
 男は頬に火傷を負い、髪の一部を焼かれていた。
 顔全体がガタガタと震え、試合が始まった頃の自信など欠片も残っていない。
 あの程度の火傷なら控え室で治療を受ければ容易く治るだろう。
 跡も残らない筈。時計 ブランド ランキング
 ただ、心に負った方の傷は尾を引く気がする。
 審判がシフの勝利を宣言した後、彼女は生首の所に膝をついた。
 か弱く見える細腕が首に添えられる。
 そのままシフが立ち上がるのに合わせて埋まっていた男が何事も無かったように持ち上がり、女子生徒が男子生徒を片手で持ち上げる奇妙な絵が完成する。
 怯えた顔でただただ立ち尽くす敗者には以後目を合わせる事もせず、シフはそれぞれの方向から観戦する客に向けて何度かお辞儀をして舞台を後にした。 

「お見事」

 俺は控え室に戻ろうとするシフに一声掛ける。
 あんな圧倒的な試合では対策も思い浮かばない。
 素直な称賛だった。
 覇者、出来れば取りたいんだけどなあ……。

「ありがとう、ジン。もっと早く決めても良かったんだけど、彼、明日はホープレイズのチーム
http://www.watchsinsult.com

記事のURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/5897/98367

トラックバックURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/trackback/98367

コメントを書く

全てのコメントを見る(0)全てのトラックバックを見る(0)

障害者の自立奪う

[ 花 ][ 春 ]

[ 2013/09/09 16:58 ]


 そこには見慣れない白いパーカーを来た小柄な人が腰掛けていた。

 何やら黄色い実を片手で持って、食事の最中だろうか?

 今ここには竜がいるんだけど? 食事?

 私の頭が混乱に支配される。ライドウ先生の教えを思い出そうとしても冷静さを保てない。悔しいけど、今の私にはまだいかなる時も冷静に、と言うのは無理らしい。tumi 財布 人気

 変わったパーカーね。頭の所に、飾り。あれ、猫耳?

 そんなどうでもよくて阿呆らしい事を考えた直後。

 森から無数の触手が湖に向けて、いや竜に向けて放たれた。虚を突かれたのか竜は一瞬速度を緩め、だが何も判断する時間を与えられず触手達に全身を絡め取られて動きを止めさせられた。

 触手の召喚? いえ、これは樹木? 木々から枝が変質した何かが伸びて竜を捕らえているの?

 大木からも若木からも、それどころか草や蔓からも束縛の手は伸びているみたい。よく見ると茶色だけじゃなくて濃緑色も混じっている。全く見たことも聞いた事もない術だ。

「……っ」

 声が出ない。これも竜の咆哮の効果だろうか。詠唱も出来なくされてしまうなんて、本当に恐ろしいスキルだ。竜ならどいつもこいつもこんな真似をするのかと思うと背筋が冷たくなるのを感じる。

 トンッ

 軽い音がした。

 見ればイズモとシフの間に恐らくは私たちを助けてくれた(?)人が降り立っていた。あの高度からいとも簡単に飛び降りるなんて。亜人、だろうか。

 深くかぶったパーカーで褐色の肌くらいしか特徴を掴めない。あとはちっこいって事は確定。

 その子はイズモのお腹にポンポンと手を当てた。ふるふると頭を横に振る。

「モヤシ」

「!?」

 次に|跪(ひざまづ)いているシフの、あろうことか豊かな胸を両手で揉んだ。おお。

「巨乳の時代は永遠じゃないぞ」

「!#$!&?」

 表情でシフがパニックになっているのがわかる。どちらかと言うと慎ましやかな双丘を持つ私の本音としては、実によくやったと言わざるを得ない。って何を考えているんだろうか私は。

 次は順番から言うと私?

 推測は正しかったのか、とことこ歩いてくる可愛らしい様子の子供(だと思う)は私の爪先を思い切り踏みつけてくれた。

「ちっこくねえんだよ!」

「っっっ!」tumi ブランド

 い、痛い!! と言うかなんで考えてただけの事がわかるのよ!?

 その子はその後も一人ずつに声を掛けながら前方の竜に向かって歩いていく。

 ちなみにユーノはシフを見比べられて「励め」と言われた。

 ダエナは「強く生きろピクミン」と言われた。

 ミスラは「その先には蜘蛛がいるぞ。まだ間に合う、かも」と言われた。

 ジンは「この前お釣り間違えた」と言われて小銭をシャツのポケットに突っ込まれていた。

 い、意味不明すぎるわ。

「まあ、それなり。遠足は帰るまでが遠足ですよ」

 振り返ったその子は私たち皆に向けて、何かの実を持っていない方の手を前に出し人差し指を立てて見せた。

「そしてバナナはおやつに入らない。まだ二本ある、うふふ」

 ……。何だろう、言っている事はよくわからないけど緊迫感の欠片も無い感じになってきたような。

 竜は雁字搦めにされながらも二本の足をじたばたを暴れさせている。何本の樹木で縛っているのかわからないけど、竜を束縛し続けるなんて相当な術よね。やっぱりこの子が術者、なのかしら。

 ふと何かを思いついたのか、食べ終えた黄色い実の皮らしき物を竜の足元に放る猫耳パーカーの人。

 当然の事ながら無残に踏み潰される皮。

 地団太
http://www.bagsrack.com

記事のURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/5897/98262

トラックバックURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/trackback/98262

コメントを書く

全てのコメントを見る(0)全てのトラックバックを見る(0)




このパケットは、四半期T駅クラッチフィギュアがいっぱいです。前四半期ぐったりかさばるバッグからパワーとクラッチの感覚で、この季節さわやかなスタイリングを押し通すためにリターンの凝った装飾を完了した。http://www.bagsimpatient.com


"小が最も鮮やかに反映クラッチの新シーズンで美しいです!"ニューヨークでの生活は、張ゆうファッションバイヤーはクラッチが握り心地をインイン手に満たすために、小さくなっている、と述べた。クラッチのファッションレトロ大きな面積と華やかなアールデコ今シーズンは、過去に特に顕著であった??、この季節のものフラット、成形しないクラッチだけを残して、消えてしまった細かい勝つために"宝物"。バック 通販 メンズ


確かに、新しいシーズンの箱形はクラッチの最も普及した形態である。彼らはすべてが、角を丸く洗礼アンティークボックスがまだ強いです後に経験豊富な時間のように装飾された華やかなバックルを補完している、それは女性の好意だったほとんどです。

かなり派手な宴会は気持ちのために設定方法でこのシーズンをクラッチ:三次元の刺繍、装飾や彫刻は、より魅力的クラッチを作り、色、誇張されたといくつかの宝石で飾られた色は最も人気のある、異なる色と光の屈折が変化するので、クラッチがよりファッショナブルになっています。日本 バック

★バッグはより装飾的であるためには、小さくなるように形。

★華やかなアールデコ調の添加に加えて、ヴィンテージ風にも上のクラッチに戻ります。

最後の仕上げに★クラッチ、デコスタイルのクラッチ、間違いなく単色衣類武器を飾るだけでなく、暗い色の服ベストパートナー。

★パイソン皮とトカゲの肌の質感は、ホットが付属しています。

★興味深い特徴は、このようなバックルの詳細と、スイッチ上の装飾的なパターン上のように、暑いです。

記事のURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/5897/98050

トラックバックURL : http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/trackback/98050

コメントを書く

全てのコメントを見る(0)全てのトラックバックを見る(0)

   先頭 | 前のページ | 次のページ | 最後

表示件数設定 :